​「みらとび」とは?

桐蔭学園において「探究」は、「アクティブラーニング型授業」「キャリア教育」と並び、学園が掲げる学びの三つの柱のうちの一つです。
これからの社会では、自分で問題解決していく力が不可欠となります。「みらとび」は、自ら設定した課題に対し、情報を整理・分析し、問題を解決する力を身に付けるための探究の授業です。この授業によって、未来への扉を開いてほしいという願いから「未来への扉」と名付けました。このみらとびの授業を通じて、あなたの未来への扉を開けてください。

​本Webページでは、自宅学習期間中の各学年のみらとびの取り組みを紹介しています。また、自宅での探究の取り組みを生徒のみなさんから募集し、随意アップしていきます。

 

The important thing is not to stop questioning. Curiosity has its own reason for existence.
重要なことは、疑問を止めないことである。探究心は、それ自身に存在の意味がある。

アルバート・アインシュタイン